文字サイズ変更
トップページ >> 活動報告 >> 子育て三行詩

子育て三行詩

【バックナンバー】  平成30年度受賞作品 >> 平成29年度受賞作品 >> 平成28年度受賞作品 >>

平成27年度鹿児島県PTA連合会「たのしい子育てコンクール」

小学生の部 川邊 一冴 (姶良市立加治木小2年)
かえりみち
いえが見えると
はしりたくなるよ
中学生の部 中濱 友希 (指宿市立山川中3年)
挑戦できるのは父のおかげ 安心できるのは母のおかげ
楽しみがふえるのは兄弟のおかげ
おかげがいっぱいで 今の私がいる。
一般の部 池上 祥一郎 
おい娘!
母さんへの言い訳で
「だってお父さんの子なんだもん」って言うんじゃない!
小学生の部 綾園 龍二 (さつま町立柏原小4年)
お母さんとぼくがよぶ
あのね お母さんと 姉がよぶ
たまには、オレをよべよと父が言う
中学生の部 大薗 啓太 (指宿市立山川中3年)
「頑張って」 その言葉は口にせず
そっと置かれたおにぎりに
伝わる母の温かさ
一般の部  井手上 朋子
ぶつかって ぶつかって
心も胸も 痛いけれど
大事だよね この痛み この時間
小学生の部 冨永 陸翔 (鹿児島市立吉野東小3年)
お母さんが仕事から帰ってくると
ぼくと妹はお母さんのとり合い。
お母さんは「うるさいな」とうれしそうにわらう
小学生の部 菊永 響樹 (日置市立伊集院小1年)
むしのじゆうけんきゅう おとうさんとしらべたよ
おとうさんって ものしりだなって
はっけんしたよ
小学生の部 山田 慈瑛 (南種子町立長谷小4年)
折れない心は 負けない気持ち
迷ったときは 前を向け
これが家族の合い言葉
小学生の部 赤瀬川 瞬平(鹿児島市立武小5年)
心の声は聞こえない
言葉にして伝えよう
家族だからこそ
小学生の部 諏訪 晃央 (姶良市立柁城小6年)
お姉ちゃんに、赤ちゃんが産まれたよ。
お父さんは、おじいちゃん。お母さんは、おばあちゃん
こんなに小さいのに、一瞬で呼び名を変えたよ。ぼくはおじさんになった。
中学生の部 吉村 春南 (天城町立天城中2年)
誰かが悲しければ みんな悲しい
誰かが楽しかったら みんな楽しい。
いつも私の家族は つながっている。
中学生の部 前田 花菜 (天城町立北中3年)
なぜわかる
私の気持ち
お母さんは 私の心のカウンセラー
中学生の部 上山 愛華 (鹿児島大学附属中1年)
年を重ねていく度に
押し合い座る家のソファ
みんなの体もみんなの愛も どんどん大きくなっていく
中学生の部 田中 悠達 (三島村立片泊中2年)
お母さんは僕を心配してくれて
弟は僕を手本にして
僕はお父さんを見習う
中学生の部 武元 璃久 (霧島市立福山中3年)
どうだった?
それを聞くのが
我が家のルール
一般の部 森永 武久
子だくさん みんな立派にしたいから
誉めて 信じて 育てます。
たまに雷 落ちるけど これぞ子育て 時間が足りぬ。
一般の部 浜田 明子
「まずは 自分の力で がんばってみる。」
相談に乗った時の息子の一言。
頼もしい姿に うれしさ半分 寂しさ半分・・・。
一般の部 黒木 早苗
弟と手をつないで初登校 ドキドキが伝わる
大丈夫、お姉ちゃんがいるから 大丈夫。
だから がんばれ 1年生。
一般の部 今別府 香代子
父さんは、叱る、諭す、ほめる
母さんは、おだてる、なだめる、抱きしめる
そして、あなたは、学ぶ、のびる、愛される
一般の部 長野 香代子
見えなくなるまで見送ると
最後の笑顔にほっとする
今日も元気に帰っておいで

【バックナンバー】  平成28年度受賞作品 >> 平成27年度受賞作品 >> 平成26年度受賞作品 >>

第63回日本PTA九州ブロック研究大会 鹿児島大会
PDFファイルをご覧いただくためには、ソフトウェア「アドビリーダー」が必要です。
「アドビリーダー」はAdobe社が無償で提供するソフトウェアです。
下のバナーからダウンロードできます。
アドビリーダー ダウンロード