文字サイズ変更
分科会
第1分科会

討議題 「継続・発展」

時代に対応した、持続可能なPTAの組織・運営

討議の柱・視点

 1 誰でも引き受けやすいPTAの組織と効率的な運営

(1) PTAの組織をどのように改善すれば誰でも気軽に引き受けられる組織になるのか
(2) 役員の負担を軽減するためにはどのようなサポートが必要か

 2 PTA活動に参加しやすい環境・雰囲気づくり

(1) 会員同士がつながりを深めるにはどのようなことが大切なのか
(2) 時代に即した課題や会員の悩みをどのようにして抽出し、解決するにはどのような手立てが必要か
討議題の趣旨

 PTA活動においては他人任せではなく、会員がお互いに協力して、みんなで子どもを育てていこうという意識や実践力を高めていくことが大切です。
 そこで、本分科会では、各家庭のあり方を尊重し、時代に即し誰もが引き受けることのできる組織や効率的な運営を模索するとともに、会員相互が理解し参加しやすいPTA活動にするにはどうすればよいかについて考えていきます。

第2分科会

討議題 「学び」

研修意欲を高め、学びの輪を広げるための取組

討議の柱・視点

 1 研修への積極的な参加を促す手立て

(1) 研修や講座、交流等に積極的に参加できない阻害要因はどんなことか
(2) 会員同士が結びつきを深め、意欲的に学ぶための取組はどうあればよいか

 2 研修内容を充実させる手立て

(1) 学校・地域・行政機関等と連携・協働し、さらに充実した研修にするにはどうすればよいか
(2) 会員の関心やニーズを把握し、積極的参加を促す学習内容の設定はどうあればよいか
討議題の趣旨

 家庭教育は、すべての教育の出発点であり、子どもの成長にとって保護者の役割が重要であることは言うまでもありません。保護者の生き方や考え方は子どもに大きな影響を与えることになります。それ故、子どもの成長とともに、私たち保護者も成長しなくてはなりません。そのためにはPTAの研修・講座や交流などに積極的に参加し、保護者としての資質向上に努めることが大切です。
 そこで、本分科会では、「学び」の重要性を認識し、「学び」への阻害要因となっている問題点や解決する手段などを話し合い、これからの「学び」への積極的参加を促す一助としたいと考えます。

第3分科会

討議題 「結ぶ」

地域コミュニティと結びつきを深めるPTA活動

討議の柱・視点

 1 家庭に寄り添う、PTAと地域を結ぶネットワークづくり

(1) 家庭・学校・地域の情報交換の場にはどのような「集い」があるか
(2) 会員同士がしっかりつながり、地域との連携・協働を深めるにはどうすればよいか

 2 情報化社会の中での効果的なPTA広報活動と問題点

(1) インターネットやSNSの良さを利用した、効率的・効果的な広報活動のあり方や情報伝達の問題点などに、どのように取り組めばよいか
(2) PTA新聞をはじめ、PTAと学校が連携・協働した情報提供が、より多くの地域の人に届くようにするにはどのような方法があるか
討議題の趣旨

 地域においては、地域の自治会・町内会、NPO法人、企業など、社会を構成する様々な団体が共に協力し、支え合う「共生・協働型」の地域コミュニティへと再編が進められています。
 この様な中で、PTAも地域社会の一員としての役割を自覚し、地域との連携・協働を一層深めることで、地域からの協力や支援も得やすくなります。その結果、地域全体で「家庭教育支援」を行っていこうとする気運が高まり、PTA会員との結びつきの深まりや家庭の孤立化防止にもつながると考えます。
 本分科会では、上述のような趣旨から、PTAと地域とのネットワークづくりや情報化社会の進化を有効に利用していく広報活動等について議論を深めていこうと考えています。

第4分科会

討議題 「一体感」

地域とつながり子どもを守り育てるPTA活動

討議の柱・視点

 1PTAが進める地域の人材・環境を生かした体験活動

(1) 地域の人材や自然環境を生かした体験活動はどうあればよいか
(2) ふるさとを愛し、ふるさとを誇りに思う子どもを育てる体験活動はどうあればよいか

 2PTAと学校・地域・行政機関等が連携・協働した健全育成

(1) 学校や校区コミュニティ、地域公民館等と連携・協働した青少年健全育成をどのように進めているか
(2) 地域全体で青少年を育てていこうとする気運を高めるために、PTAとしてどのように取り組んでいるか
討議題の趣旨

 次代を担う子どもたちの健全育成は、社会環境が大きく変化している中で、今転換期を迎えています。これからは、家庭任せではなく、地域ぐるみで取り組むことへの気運を高め、PTA、学校、地域、行政機関などが役割を分け合い、社会総がかりで、一体感を持って対処しなければなりません。
 本分科会では、次代を担う子どもたちの健やかな成長に向けて、地域の人材・環境を生かした体験活動やPTA・学校・地域・行政機関の連携・協働による広域的な健全育成を如何に進めるかを考えていきます。

第5分科会

討議題 「絆」

子どもと共に成長し、絆を深める家庭教育

討議の柱・視点

 1子どもとのコミュニケーションの取り方

(1) 子どもとのふれあいの時間の確保やふれあうときの工夫はどうしているか
(2) 子どものほめ方・しかり方で気をつけることはどのようなことか

 2小から中への移行期や思春期における親子関係のあり方

(1) 小から中へ進学するときの子どもの不安を取り除くにはどうすればよいか
(2) 思春期における、子どものよき理解者、よき助言者となるための、保護者としての配慮や姿勢はどうあればよいか
討議題の趣旨

 文部科学省の「家庭教育の総合的推進に関する調査研究~家庭教育支援の充実のための実態等把握調査研究~」(H28年度)によると、子育てについての悩みや不安をかかえている保護者は約41%で、平成20年度より4.2ポイント高くなっています。また、女性だけでみると約48%であり、2人に1人が「悩みや不安」を抱えていることになります。その中でも子どもと保護者の関係でみると「子どものしつけやマナーのこと」、「子どもの反抗期における対応」、「子どもとのコミュニケーション不足・取り方」等、子育ての根本的な部分は社会環境や価値観が変化しても、やはり保護者の悩みや不安であるようです。
 そこで本分科会では、小学校から中学校までの「望ましい子どもとの関係を築くにはどうあればよいか」を様々な観点から議論することで、親子や家族の絆を一層深めていきたいと考えます。

第6分科会

討議題 「自立・社会性」

子どもの人権を大切にし、自立心や社会性を高める家庭での取組

討議の柱・視点

 1温かい家庭を築くために、人権意識を高めるPTA活動

(1) 人権問題についての正しい理解と認識を深める学習活動はどうあればよいか
(2) 保護者同士がお互いに知り合い、声を掛け合うような人間関係を作るためにはどんなことが必要だろうか

 2子どもに寄り添い、認め、自立心や社会性を高める家庭での取組

(1) 子ども一人ひとりの個性を認め、自立心を育てるにはどのようなことが大切だろうか
(2) 思いやりや自他の生命を大切にする心など、社会性を持った子どもを育てるには、どのようなことが大切だろうか
討議題の趣旨

 子どもの人権を尊重し、自他の命の尊さや基本的な社会性を身につける教育の原点は家庭にあります。そのためには、まずは保護者自身が人権問題についての正しい理解と認識を深め、日常生活のあらゆる場面を通じて、心の豊かさや自他を思いやる心、命の尊さなどを身をもって子どもに範を示し、伝えていくことが望まれます。そうすることで、子どもの人権意識の高まりとともに、良好な親子関係が生まれ、子どもの自立を促すことにもつながるはずです。
 そこで、本分科会では、保護者の人権意識を高める方法や子どもの人権を守り自立を促す方法等について語り合い、より望ましい家庭を目指すための一助としたいと考えます。

第7分科会

討議題 「守る・活かす」

つながりの中で取り組むネットモラルやメディアリテラシー

討議の柱・視点

 1インターネットやスマホ・携帯電話等の利用実態と学校や地域と連携・協働したルールづくり

(1) 加害者にも被害者にもさせない、子どもたちを守るためにPTAはどのような取組をしていけばよいか
(2) ルールづくりにおける家庭・学校・地域の連携・協働はどのようにしていけばよいか

 2情報メディアとの上手な付き合い方

(1) 情報化社会を生きていくための知識・技術・知恵を獲得させるにはどうすればよいか
(2) 情報化社会における基本的生活習慣を構築するにはどのようなことが大切だろうか
討議題の趣旨

 子どもたちが、今後益々高度になっていく情報化社会の中で、快適且つ安全な生活を営むためには、学校や地域、行政機関などと連携・協働しながら、PTAや家庭における積極的・効果的な取り組みを継続していくことが必要です。
 本分科会では、子どもたちのインターネット・情報端末機器の利用実態、ネットに起因する犯罪・トラブルを防ぐための正しいネットモラルの習得や、家庭でのルールづくり、高度情報化社会を生きていくための知識・技術・知恵の獲得、ネット依存から脱却するための基本的生活習慣の構築などについて、様々な取組を発表しあい、議論を深めていきます。
 そして、家庭・学校・地域が豊かにつながり合う高度情報化社会における、家庭での具体的な実践へと結びつけていきたいと考えます。

第特別分科会

討議題 「体力向上」

"心豊かでたくましい体をもつ子どもの育成" 
~ 家庭・学校・地域・行政機関が連携・協働した取組 ~

討議の視点
(1) 子どもたちの運動への意欲・実践力を高めるための取組はどうあればよいか
(2) 家庭・学校・地域・行政機関が豊かにつながり合いながら、子どもたちの運動習慣の日常化・生活化を図り、基本的生活習慣の質を向上させるためにはどうすればよいか
討議題の趣旨

 社会背景が大きく変化してきている中、人々のライフスタイルが変わり、子どもたちのからだと心に様々な問題が生じてきています。次代を担う子どもたちの健やかなからだの発育発達と豊かな心の成長は、最重要課題と言っても過言ではありません。またこの問題は、子どもたちだけの問題ではなく、生涯を通じ健康的な生活習慣を構築するという点からは、大人の問題でもあることを認識し、保護者や教職員をはじめ私たち大人も、子どもたちと同じ目線で取り組んでいくことが重要です。
 そこで、本シンポジウムでは、家庭・学校・地域・行政機関が一同に会し、それぞれの立場で実践、また、連携・協働した取組について発表し、参加者とともに議論を深めることで、運動習慣を含む健康的な基本的生活習慣の獲得に向けた具体的な実践に結びつける機会としたいと考えます。
 そして、多くの子どもたちに、運動習慣を含めた基本的生活習慣が浸透することで、心豊かでたくましい体をもつ子どもへと成長し、生涯にわたり健康的なライフスタイルを送る、その礎を築くことを心から願いたい思います。